ダイエット

「毎日1杯でOK」インストラクター直伝!トマトジュースでダイエットするポイント5つ

画像 700×422
この記事はこんな方向け

  • トマトジュースでダイエットしたい
  • 飲む量やタイミングを教えて!
曽根原
曽根原
こんにちは!サラダチキン研究家の曽根原といいます。東京のスポーツクラブや公共施設で9年インストラクターをしています。

手軽にパッと買え、ダイエットに効果的なトマトジュース。

うまく活用すればメタボや老化防止に効果的ですが、飲み過ぎはむくみやカラダの冷えまっしぐら。

この記事は、トマトジュースを飲むタイミングや量を画像多めで分かりやすく解説していきます。

トマトジュースを活用し、メタボ撃退でカッコよくなりましょう!

記事のポイント
  1. 脂肪が燃えてカラダのサビ付き防止に◎
  2. 毎朝コップ1杯飲むのがオススメ
  3. 夜に飲むと肌がキレイになる
  4. 2杯以上飲むとむくみやすい
  5. スープにすれば冷え防止

トマトジュースを毎日飲む⇒脂肪が燃えて活性酸素カット

画像 500×282

トマトジュースを毎日飲むメリットはこの3つ。

飲み方やタイミングがすぐに知りたい方は読み飛ばしてOKです。

トマトジュースを飲むと脂肪が燃えやすくなり、リコピンが活性酸素をカットするので老化予防に効果的。

では詳しく解説していきます。

トマトジュースで脂肪が燃える⇒メタボに効果的

画像 500×516

京都大学が肥満のマウスで実験したところ、トマトには脂肪燃焼に効果的な13-oxo-ODAが含まれていることが分かりました。

脂質代謝異常の改善に有効な新規成分(13-oxo-ODA)をトマトから見出し、

摂取により脂肪酸酸化、すなわち脂肪燃焼が亢進していることが示唆されました。

画像や文章引用:京都大学HP

専門用語が多いですが、トマトジュースでメラメラ脂肪が燃えてメタボに効果的だよ!ということです。

メタボ改善をもっと知りたい方は外部のサイトへ。

    ⇊

痩せてカッコよくなるメリットが知りたい方はこの記事へ。

    ⇊

リコピンで活性酸素を無くし老化を防ぐ

トマトジュースを飲む

  ⇊

リコピンがカラダのサビ(活性酸素)を取り除く

  ⇊

血管や見た目が若返る

私たちのカラダは酸素を取り込むことによって活動しています。

ところが、仕事のストレスや不摂生によって体内で酸化すると、老化や動脈硬化の原因になります。

金属が錆びるのをイメージしてください。

画像 500×282

トマトジュースには抗酸化作用(サビを除去)のあるリコピンがたっぷり。

飲めばカラダの中から若返ることが可能。

スーパーでも購入できますが、アマゾンで購入も出来ます。

  ⇊

トマトジュースでダイエット⇒毎日朝に飲むのが◎

画像 500×331
  • 朝飲む⇒リコピンの吸収率がアップ
  • 夜飲む⇒肌がキレイになる

トマトジュースは朝に飲むとリコピンの吸収率が一番高まるというデータが出ています。

夜に飲む場合は肌の新陳代謝をサポートするので肌がキレイに。

それぞれ掘り下げて解説しますね。

朝にコップ1杯⇒リコピン吸収バッチリ

カゴメが研究結果として出しているデータを参考に、図を作ってみました。

画像 500×281

トマトジュースを朝に摂取すると体内に吸収されるリコピンの量が多く、

リコピンを効率よく吸収するには朝飲むのが適している

要因として、食事を摂取するまでの絶食時間の長さが関連している。

引用:カゴメHP

とのこと。

トマトジュースをコップ1杯飲めば必要量(15~20mg)を摂れます。

また、お水とセットで飲むと老廃物がスッと体外に出やすくなります。

水分補給やトマトジュースに関してはこちらからどうぞ。

   ⇊

お好みのトマトジュースを探したい場合はこちらから。

   ⇊

朝飲むよりもリコピンの吸収は劣りますが、夜飲む場合もメリットがあります。

気になる方は次も読んでください。

寝る2~3時間前に飲む⇒肌がキレイ

画像 500×281

夜トマトジュースを飲む

  ⇊

成長ホルモンが分泌

  ⇊

新陳代謝が活発になり、肌が新しくキレイに

夜にトマトジュースを飲む場合は、寝る2~3時間前がおすすめ。

リコピンの吸収が良くなり、肌がキレイになるから。

また、夜はしっかり寝て疲労を取り除くために食べ過ぎないことが大事。

食べ過ぎると、食べ物を消化するために内臓にたくさん血液をとられてしまいます。

筋肉に回せる血液がドッと減って疲労が回復できず、翌日のだるさに繋がります。

曽根原
曽根原
とは言え、仕事終わりは飲みたいときもありますよね。

お酒の飲み過ぎや、食べ過ぎに気を付けていきましょう。

ここまではメリットを解説しましたが、注意点もあります。

気になる方は続けて見て下さいね。

トマトジュースの飲み過ぎ⇒むくみや冷えにつながる

画像 500×441
  • 飲み過ぎ⇒むくみやすくなる
  • カラダを冷やすので冷えの原因に

トマトジュースの飲み過ぎは水分をため込み、むくみの原因に。

体を冷やす効果があり、冷えやすい方は注意が必要です。

ではそれぞれ解説していきます。

コップ2杯以上はむくみやすい

画像 500×282

カリウムの役割

  • 老廃物をカラダの外へ出す
  • 筋肉を動かすときのサポート

トマトジュースを適度に飲めば、カリウムが老廃物をスッとカラダの外へ出すのでむくみに効果大。

しかし、老廃物がドッと出過ぎるとカラダは水分をため込もうとするので飲み過ぎもNGなんです。

コップ1杯のトマトジュースでカリウムを500~1000mg摂取できます。

カリウムの摂取量の目安(1日)

  ⇊

  • 男性⇒2500mg
  • 女性⇒2000mg

ちなみに、普通に食事をしていればカリウムは十分まかなえます。

1日でコップ2杯までにしておきましょう。

また、トマトジュースの塩分もむくみの原因になりやすいので注意です。

食塩無添加か減塩タイプを選びましょう。

   ⇊

まとめに行きたい方はどうぞ!

温かいスープで冷え防止

画像 500×336

トマトジュースは体を冷やす作用があり、飲み過ぎは冷えの原因になります。

冷たい方が好き!という場合は注意しましょう。

常温で飲むか、野菜を一緒に摂れるシチューがオススメです。

   ⇊

ではまとめます。

「毎日1杯でOK」インストラクター直伝!トマトジュースでダイエットするポイント5つまとめ

まとめ
  1. 脂肪が燃えてカラダのサビ付きを防止
  2. 毎朝コップ1杯飲むのがオススメ
  3. 夜に飲むと肌キレイ
  4. 2杯以上飲むとむくみやすい
  5. スープにすれば冷え防止

トマトジュースを飲めば余分なお肉が減り、メタボ卒業で肌もキレイに。

まずはコップ1杯飲むことからはじめてみませんか?

サラダバー!