サラダチキンで痩せるブログ
ダイエット

「お酒飲み過ぎは体内がブラック企業!」ダイエットとアルコールを楽しむ3つのコツ

この記事で得られること

  • ダイエットとお酒を両立できる
  • 太らないお酒やおつまみのチョイス
曽根原
曽根原
こんにちは!サラダチキン研究家の曽根原と言います。東京のスポーツクラブや公共施設で9年インストラクターをしています。

仕事終わりのアルコールは美味しい食べ物と合わせ、ドカッと飲み食いしがち。

お酒はダイエット中は良くないって分かってるけど、なるべく飲みたいですよね。

この記事を読めば、断酒せずにダイエットや飲みニュケーションを楽しめますよ!

この記事のポイント
  1. お酒が多いと肝臓が代謝しきれず脂肪になる
  2. お酒+油っこい食事⇒体内がブラック企業に
  3. 飲む量はビール中ビン1本・週2日休肝日を作る
  4. お酒はワインとウイスキーがイチオシ
  5. おつまみはサラダチキン・枝豆・豆腐がオススメ

お酒で太る理由2つ

画像 500×333
  • 飲酒量が多いと中性脂肪になる
  • 食欲アップ+油っこい食事

お酒で太る理由はこの2つです。

楽しむコツ3つをすぐに見たい!と言う方は読み飛ばしてもOK。

曽根原
曽根原
個人的にはダイエット中は飲まない方がいいと思っています。とは言え、お酒が好きな場合や仕事上の付き合いもありますよね。

上手くバランスをとっていきましょうね。

お酒の量が多い⇒肝臓で代謝しきれず脂肪に

画像 500×281

アルコールには栄養素がなく、エンプティ(からっぽの)カロリーと呼ばれ、飲んだらすぐに肝臓で代謝されます。

楽しむコツでも説明してますが、お酒の適量はビール中ビン1本(500ml)程度。

しかし、飲み過ぎると肝臓での代謝が追い付かずに脂肪として合成されてしまいます。

例えるなら仕事量が多くて肝臓さんが残業しているようなもの。

肝臓さんも頑張っていますから、たまには定時で帰してあげませんか?

食欲アップ+油っこい食事で体内ブラック企業!

画像 500×281

お酒で食欲アップ

ラーメンなど油っこい食べ物とセット

肝臓はアルコールの代謝を優先し、糖質や脂質は後回しにする

さらに太る

お酒で食べ過ぎてしまう流れをサッと示しました。

アルコールで食欲はアップします。

アルコールは、消化酵素の分泌を増やしたり胃の血流を良くすることで

胃の動きを活発にして消化運動を亢進させ、食欲増進にもつながります。

引用:厚生労働省

ラーメン+ビールってたまらない組み合わせですよね。

しかしこれは残業+休日出勤のダブルコンボ。

肝臓さんから見たらアナタは確実にブラック企業です。

というのは冗談ですが、それでも色々飲みたいし食べたいじゃないですか。

ラーメンライスもちょっとしたコツで3日でチャラに。

詳しくは下の記事で解説しています。

お酒とダイエットを楽しむコツ3つ

画像 500×332
  1. ビールは中ビン1本・週2日休肝日を作る
  2. お酒はワインとウイスキーが◎
  3. おつまみはサラダチキン・枝豆・豆腐がオススメ

押さえるポイントはこの3つだけ。

それぞれ説明していきます。

お酒はビール中ビン1本|休肝日を作る

楽しく飲むためのアルコールの目安

画像 500×282

※男性の基準。体質や体格によって個人差が大きい

参考:厚生労働省「健康日本21」

毎日飲む場合は、ビール中ビン1本ならOK(女性は小ビン1本)と覚えてください。

曽根原
曽根原
多めに飲みたい人は休肝日を週2日入れるのがベター。難しい場合は、週1日肝臓さんの休肝日を作りましょう。

肝臓さん、ノー残業デーなら絶対喜びますよ。

お酒はウイスキーとワインが◎

主なアルコール一覧
カロリー糖質アルコール度数
ビール中ビン1本215kcal20.5g5%
酎ハイ1缶204kcal9.5g4~9%
ワイングラス2杯138kcal3.2g12%
日本酒1合170kcal5.4g15%
ウィスキーダブル1杯140kcal0g43%
焼酎1/2合146kcal0g25%

※スマホの場合指でスクロール出来ます。

ポリフェノールや味のアレンジがしやすいウィスキーとワインが個人的にオススメです。

アルコールは利尿作用があるので、チェイサーと一緒に飲んで下さい。 画像 500×281

カロリーにそこまで差がありませんが、ビールと酎ハイはNG。

血糖値が上がるとインスリンというホルモンが働き、血糖値を下げます。

余った糖質を脂肪細胞に取り込んでしまい、太りやすくなるからです。

どうしてもビールや酎ハイ飲みたいときは糖質オフタイプで、カロリーや糖質を上手にカットしましょう。

サラダチキン・枝豆・豆腐がオススメ

高たんぱく低脂肪なおつまみ
  • サラダチキン(鶏むね肉)
  • 枝豆
  • 豆腐

長くなるので今回は割愛しますが、刺身や納豆、レバー、チーズなどもおすすめ。

スーパーやコンビニで買えて高たんぱく低脂肪なのでダイエットに役立ちます。

レンジで自作したサラダチキンとコンビニの商品を紹介します。

1食で必要なたんぱく質の3~4割をパッと補給可能。

画像 500×282

詳しい詳細は下の記事からどうぞ。

   ⇊

枝豆は糖質をエネルギーに変換するビタミンB1が豊富

ビールの糖質を上手くさばいてくれます。

まさにドラえもん(枝豆)とのび太(ビール)のような名コンビ。

画像 500×282

セブンの枝豆の記事詳細はこちらです。

   ⇊

豆腐はカサが多くふくれやすいので、食べ過ぎを防げます。

美容成分のイソフラボンも多いのも見逃せません。

外部のサイトですが、豆腐レシピはこちらからどうぞ!

   ⇊

「お酒飲み過ぎは体内がブラック企業!」ダイエットとアルコールを楽しむ3つのコツまとめ

まとめ
  1. ビール中ビン1本以上は肝臓が代謝しきれず太る
  2. お酒+油っこい食事⇒体内がブラック企業に
  3. 飲む量はビール中ビン1本・週2日休肝日を作る
  4. お酒はワインとウイスキーが◎
  5. おつまみはサラダチキン・枝豆・豆腐が良い

ダイエット中でも、お酒やおつまみと上手く付き合えば問題なし!

ちょっとずつで大丈夫なので、出来そうな部分からチャレンジして下さいね。

サラダバー!